Apple Pay で Suica って実際どうなの?

投稿:

 

2016年10月25日から、
日本でも「Apple Pay」が
スタートしていますね。

 

「Apple Pay」というのは、
iPhoneやiPadで有名なApple社が
提供している電子決済サービスです。

 

今まで日本では使えなかったのですが、
iPhone7になって、
日本の電子マネーのシステムに
対応するようになりました。

 

その「Apple Pay」に
Suicaを登録できて、
iPhoneをかざして改札を通過できる、
というのも一つの売りのようです。

 

Apple Payが到着しました。

 

「あたしゃ首都圏に住んでないから
 関係ないよ」

 

というアナタ(笑)

 

そんなことないですよ。

 

Suica は各地の交通系電子マネーと
相互利用できることが多いので、

 

iPhone7 + Apple Pay + Suica

 

の利用価値は、

いちおう全国的にあります。

 

 

 

と、ここまで書いてきてアレですが。

 

なんでも、スマホでできるようになる。

 

とても便利だけど、
それだけに頼るのは、
ちょっと怖いと思っています。

 

僕なんかは、

 

  • スマホが水没したらどうするの?
  • スマホなくしたらどうするの?
  • バッテリー切れたらどうするの?

 

って思ってしまいます。

 

JR東日本の広報では、
「iPhoneのバッテリーが切れてもSuicaが使える」
と回答していたようですが、

 

「携帯総合研究所」というサイトで
iPhone 7 Plusで試したところ、
バッテリーが切れるとSuicaは使えない
という結果だったそうです。

 

iPhoneでSuica決済、電池が切れると使えない|携帯総合研究所

今までにも「モバイルSuica」
というのがあって、
同様のことはあるはずなんだけど、
どうだったんでしょうか。

 

お店でものを買うときは、
現金で払うとか、
代わりの手段があるけど、

 

電車乗っているときに
バッテリーが切れて、
改札を出られなくなったら、
めんどくさいなあと
思ってしまいました。

 

僕的には、Suica は物理的に
1枚持ってたい、という感じです。
?

© 2016 digilogue